弁護士費用

負債総額5000万円未満の場合  700,000円
負債総額5000万円以上1億円未満の場合  1,100,000円
負債総額1億円以上3億円未満の場合  1,500,000円
負債総額3億円以上の場合  裁判所に納付する予納金、事案の難易、予想される労力、その他、諸事情を考慮して決めさせていただきます。

解雇していない従業員がいる、債権者の数が多い、支店がある、従業員・債権者に極秘裏に手続を進める必要があるなど、弁護士が複数で対処しなければならない事情がある場合、弁護士費用が増額になることがあります。

法人と共に代表者も破産申立をする場合、代表者については200,000円~300,000円の費用がかかります。

弁護士費用については、ご相談を受けた後に、具体的な金額を明示させていただきます
当事務所にご依頼いただけるかどうかは、その後にお決めください。

なお、相談料は無料です。

裁判所に納める費用

予納金200,000円

ただし、破産管財人の業務が相当量見込まれる件については、負債額に応じて下記の予納金が必要になります。

負債
5000万円未満 70万円
5000万円~1億円未満 100万円
1億円~5億円未満 200万円
5億円~10億円未満 300万円
10億円~50億円未満 400万円
50億円~100億円未満 500万円