「法人破産解決事例」の記事一覧

事業縮小の後、代表者が清算業務を行っていたところ、新型コロナウイルス感染拡大の影響から返済計画に狂いが生じ、破産手続申立てがなされたケース(管財人側)

法人破産解決事例 法人管財事件

事案の概要 所属していた美容室から独立し数店舗を構えたが、徐々に売り上げが落ち込み、店舗を順次整理していくも最終的にはすべての店舗を閉鎖し代表者が清算業務を中途まで行ったという事案について破産管財人に選任されました。 主 […]

破産管財人弁護士野田が、電気工事を請け負う会社の法人破産において、配当を行った事例。

法人破産解決事例 法人管財事件

経過 電気工事を請け負う会社でした。 事業自体もそれほど良い状況ではありませんでしたが、取引先との訴訟に敗訴したことから負債が増大し、 破産手続の申し立てに至りました。 本事例の結末 申立人代理人が相当程度処理を進めてい […]

半導体検査装置の各販売会社の破産

法人破産解決事例

紛争の内容 平成21年創業の、太陽光パネルの販売、半導体検査装置の各販売会社の破産。 シリコン製造の親会社が外資企業に買収されたのを機に、取引先などの追加出資を受けて独立した企業でした。 東北の震災後、国の太陽光発電事業 […]

法人破産管財事件

法人破産解決事例 法人管財事件

紛争の内容 医薬品のルート配送の運送会社の自己破産です。 破産申立て前に、代表者の配偶者が社長に就任し、元代表者は、住宅ローン特則付個人再生をするために、転職し、安定収入の道を探りました。 事業停止から、申立てまでに3年 […]

法人2社(キッチン工事業、雑貨の販売業)とその代表者が同時に破産申立てをした事例 (配当ができたケース)

法人破産解決事例

紛争の内容 同一の代表者が2つの法人を経営していました。 1社はキッチン工事業で、負債総額3,700万円。もう1社は雑貨の販売業で、負債総額1,400万円。 いずれもリーマンショック以降の経営不振が原因で売上が伸びず、支 […]

ページの先頭へ

  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約
  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約 LINEで相談予約